少し前に『イ・サン』を見たので、その関連ドラマとしてこの『秘密の扉』を見ました。

秘密の扉は、内容が内容なだけに、何とも重いものがありました。

イ・サンの父であるイ・ソンが主人公の話です。

韓国王朝の悲劇とされる米びつ事件の話です。

正直、この米びつ事件のことは、あまり知りませんでした。

イ・サンのドラマの時、父親が祖父に何やら米びつに入れられて悲劇的な死を遂げてしまったという悲しいイメージはありましたけど。

でも今回、この秘密の扉を見て、この事件に至るまでの経緯が語られており、興味深い内容となっていました。

しかも、あのイ・サンの祖父である英祖には、秘密にしていたできごとがあったのです。

イ・ソンは好奇心旺盛、行動力抜群の人物であったがため、開けてはいけない秘密の扉まで開けてしまったのでした。

なんとも謎めいたドラマで、サスペンス感満載でした。

歴史ものなので、イ・ソンがどういったことになるのかがわかっているだけに、悲しい気持ちにもなりました。

でもこのドラマを見たことによって、英祖やイ・サンという人物に対する見方が少し変わりました。

韓国の歴史を少し垣間見ることができて、勉強になりました。