このチャングムは、私が韓国ドラマを見るきっかけとなったドラマです。

主人公のチャングムが、大長今(偉大なるチャングム)という称号をもらうまでの半生を描いだドラマです。

前半は宮廷料理人として、後半は医女として活躍する話となっています。

何とも本当に波乱万丈な主人公の話でした。

宮廷内のドロドロ感は物凄く伝わってきますし、韓国の昔の暮らしの様子もしっかり描かれているので、とても勉強になりました。

昔は、脈を診て病気を診断していたんだなとか。

ドラマのストーリーも、これでもかというぐらい、次々とトラブルが巻き起こります。

息つく暇もないぐらい、事件が起き続けるのです。

そりゃチャングムも、苦労の連続ですって。

それだけ、ドラマを見ている方は、飽きることなく見続けられましたけども。

とにかく長いドラマでしたが、最後まで楽しんで見ることができました。

このチャングムがきっかけで、韓国ドラマにはまったぐらいですので、それだけ満足感が高かったドラマなのです。

再放送でもまた見ちゃったぐらいです。

日本語吹き替え版だと、チャングムを生田智子さんが演じてらっしゃるのですが、素朴な感じが出てて、ピッタリだなと思いました。