歴史ものの韓国ドラマは、宮廷の中の妬み、恨みが渦巻く、重い感じのイメージがありました。

でも、この花郎は、歴史ものとはいえ、かなりカジュアルタッチで描かれた歴史ものでした。

そのため、日本の月9ドラマのようなイメージで見ていました。

花郎の見どころは、とにかくイケメンが大集合しているという点です。

正直、韓国のアイドルグループについては詳しくないので、見始めた時は全然知りませんでした。

ドラマを見た後で、実は人気グループのアイドルが沢山出ていたことを知りました。

それでキレイな顔の男子がいっぱい登場していたのかと、後で納得しました。

それにストーリー自体もなかなか面白かったです。

主人公が実は王族の血を引いていたり、一緒にいた仲間も、実は王子であることを内緒にしていたという点だったり、予想外の展開の連続でした。

コメディな展開もしっかりと入っていたので、笑いどころもありました。

カジュアルなタッチのドラマとは言え、戦うシーンもかなりアクロバティックな感じで迫力があったので、かなり見応えがありました。

ドラマに使われている曲もシーンにピッタリと合っていました。

キャストが歌っている曲も挿入されているので、そちらも見どころです。