時代劇でありSF、ファンタジー要素もあり、CG技術を多用した、アクションシーンが楽しめる新感覚な時代劇ドラマ。

龍神族と人間との闘いがメインに描かれ、アクション冒険劇が中心であるが合間に主人公イ・リン(チョン・イル)とヒロイン、トハの恋愛模様も描かれる、そこに生真面目なキャラクターのムソク(ユンホ)も少し関連し、微妙な三角関係が盛り込まれている。

そして韓国ドラマに付き物の嫉妬劇をムソクの妹であるパク・スリョン(ソ・イェジ)が巻き起こす。

幽霊になってしまったイ・リンのかつての仲間たちや母親との愛情劇など、ほっと一息つける良い場面もたくさんの要素が盛り込まれ全体的に重苦しい雰囲気に感じるが自由気ままな王子を演じる主人公イ・リン(チョン・イル)の飄々とした表情が重たい雰囲気を払拭している。

ヒロイン役でありマゴ族の娘トハを演じる(コ・ソンヒ)も新人女優の若々しさが可愛らしい。

そして、東方神起のユノ演じるムソクの見どころといえば、立ち回りのシーン。

ダンスグループとしての経験やテコンドー3段、合気道2段などの実力の持ち主で美しく力強いアクションを楽しむことができる。

韓国ドラマを見たことはないが、海外のファンタジー映画など好きな方も以外に楽しめるかもしれない作品。